スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
監督署の傾向
先日の電通事件から、特に大手企業への監督署の調査は

力が入ってきています。


傾向としては、支店や支社レベルから調査が入り

指摘事項があると、調査対象を本社に広げていく

そんな傾向があります。


もちろん大企業だけではなく、今後は中小企業へも

より厳しい視点での調査が行われるでしょう。


選挙の影響で施行日が少しずれ込む可能性が出てきましたが

今後労働基準法の改正が待っています。


この改正は企業にとって、大きな影響を与えるもので

(限度はあるけど)残業代を払えば残業をさせることもやむなし・・・

というスタンスから、「時間外労働(残業)は法違反」という

スタンスに大転換します。


企業としては、早い段階から対策が必要になりそうです。
スポンサーサイト
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。